2019年3月• 活動レポート

防災学習バスツアー/防災ワークショップ

防災学習バスツアー

Disaster Prevention Tour
神戸・人と防災未来センター/ 震災メモリアルパーク
2月24日(日)


<ツアーに参加して>
神戸の「人と防災未来センター」で地震や津波等の災害と防災に関する知識を勉強しました。大自然の強さと怖さを感じると同時に、被災後復興のために一生懸命努力する人たちの姿に感動しました。日本は自然災害が多発する国なので、日頃から国民に防災についての教育を実施しています。ツアーで一緒にいった子ども達も良く訓練されていると感じました。日本で生活している外国人として、自分の防災意識が薄く、知識も不十分と思いました。今回のツアーはとても有意義でした。この日に学んだ知識を周りの人にも伝えたいと思います。(李智/中国)

 


防災ワークショップ

Disaster Prevention Workshop
南部市民交流センター
3月2日(土)


<参加者の声>
●地震や津波の時の基礎知識で知らない事がたくさんあり、ためになりました。(H.M.)
●わかっているようで、忘れていることも多くあり、再認識できてよかったです。伝言ダイヤルは自分でも一度やりたいと思います。(H.I.)
●伝言ダイヤルは職場でも指導されていますが、実際に使ったことがなかったので、使い方がわかってよかったです。(B)
●ゲームで、日本に住む外国人の方々の気持ちになって考えられました。よい体験でした。(H.H.)
●文字だけでは、わかりにくいですね。絵やサインの重要性を感じました。(K.S.)

2019年2月• 活動レポート

KIX泉州国際マラソン ランナー歓迎会

Welcome party for Marathon runners
2月15日(金) 南部市民交流センター


2月17日の第26回KIX泉州国際マラソンに先立ち、泉佐野市と友好関係にある中国・成都市新都区、モンゴル・トゥブ県、ブラジル・マリリア市、ウガンダ共和国から招待されたランナー6名の歓迎会を開催しました。 icaメンバーを中心に44名が参加し、ランナーたちにエールを送りました。

写真左から、王家友さん(中国)オユカさん(モンゴル)ドギーさん(モンゴル)アレックスさん(ウガンダ)サイハナさん(モンゴル)佐竹さん(ica)、レオナルドさん(ブラジル)。登録ランナーとして、昨年も出場した佐竹さんからは「このコースは橋があるから大変ですよ」とのお話がありました

南京玉すだれのパフォーマンスで会場を沸かせる夢一座のみなさん

お茶を一服、エマニュエルさん(左)とアレックスさん(右)の“ウガンダ・ブラザーズ”。アレックスさんは19歳の警察官

2019年1月• 活動レポート

お正月を遊ぼう

~ Enjoy New Year ~
1月27日(日) 関西国際センター


総勢118名(うち外国人約30名)が集まりました。囲碁や折り紙、皿回しなどの伝統的な日本の遊び、水引きアート、かるた大会等さまざまな遊びを楽しみました。
また、よさこいでは、美しい歌声に色あざやかな衣装、そして明るいリズムと華やかな踊りに、参加者も一緒に踊り会場中が盛り上がりました。

協力:国際ソロプチミスト大阪-りんくう
アート水引きむすびの会
夢舞隊(よさこい)

2018年11月• 活動レポート

icaウォーク2018国際交流ハイキング

Hiking
2018年11月11日(日) 犬鳴山


地域在住の外国人や関西国際センターの研修生と一緒に、犬鳴山の渓流沿いを歩きました。

<ハイキングに参加して>
ica主催の犬鳴山へのハイキングは、充実した思い出深いものでした。このイベントは参加した関西国際センターの研修生に、多くの感銘を与えました。日本人を含む様々なバックグラウンドを持つ参加者を、いくつかのグループに分け、参加者を楽しませてくれました。お昼のお弁当もよかったです。ガイドは日本語でしたが、同じグループの人が通訳してくれ、説明を理解するのに助かりました。最後の紙芝居は、この印象的で歴史的な場所を理解するのに効果的でした。icaメンバーのおかげで、楽しく記憶に残るイベントになりました。(ダウダ/マリ共和国)