イベント活動

KIX泉州国際マラソン ランナー歓迎会

Welcome party for Marathon runners
2月15日(金) 南部市民交流センター


2月17日の第26回KIX泉州国際マラソンに先立ち、泉佐野市と友好関係にある中国・成都市新都区、モンゴル・トゥブ県、ブラジル・マリリア市、ウガンダ共和国から招待されたランナー6名の歓迎会を開催しました。 icaメンバーを中心に44名が参加し、ランナーたちにエールを送りました。

写真左から、王家友さん(中国)オユカさん(モンゴル)ドギーさん(モンゴル)アレックスさん(ウガンダ)サイハナさん(モンゴル)佐竹さん(ica)、レオナルドさん(ブラジル)。登録ランナーとして、昨年も出場した佐竹さんからは「このコースは橋があるから大変ですよ」とのお話がありました

南京玉すだれのパフォーマンスで会場を沸かせる夢一座のみなさん

お茶を一服、エマニュエルさん(左)とアレックスさん(右)の“ウガンダ・ブラザーズ”。アレックスさんは19歳の警察官

icaウォーク2018国際交流ハイキング

Hiking
2018年11月11日(日) 犬鳴山


地域在住の外国人や関西国際センターの研修生と一緒に、犬鳴山の渓流沿いを歩きました。

<ハイキングに参加して>
ica主催の犬鳴山へのハイキングは、充実した思い出深いものでした。このイベントは参加した関西国際センターの研修生に、多くの感銘を与えました。日本人を含む様々なバックグラウンドを持つ参加者を、いくつかのグループに分け、参加者を楽しませてくれました。お昼のお弁当もよかったです。ガイドは日本語でしたが、同じグループの人が通訳してくれ、説明を理解するのに助かりました。最後の紙芝居は、この印象的で歴史的な場所を理解するのに効果的でした。icaメンバーのおかげで、楽しく記憶に残るイベントになりました。(ダウダ/マリ共和国)

みんなでにほんごはなしましょう

Japanese class presentation
2018.6.16(土)
………………………………………………………………………………………………………………

日本語教室発表会「みんなで にほんご はなしましょう」が6月16日(土)に開催され、約50人が参加しました。発表者は5カ国9名。自分の日本語のレベルに合わせて、スピーチや歌、小噺や寸劇を披露しました。

DSC_9990sDSC_9970sDSC_9973sDSC_9989sDSC_9998sssDSC_9985s

DSC_9982s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<参加者のみなさんの感想>
●icaで毎週日本語の勉強をするとき、ほかの学生をあまり見ませんので、きょうはいろいろな国の学生と会って、とてもうれしかったです。(icaで)習っているいろいろな国の人と日本語で話をすることができる良い機会でした。(周恩駿くんのお母さん/中国)
●みなさんの努力、照れが手にとるように分かりました。発表の機会があるとよい区切りになり、また日本語上達も早まるかと思います。子供たちもとても愛らしかったです。(匿名)
●それぞれ工夫され、大切なメッセージがこめられていて、感動しました。思っていたような「堅苦しいスピーチ」ではなく、とても楽しかったです。(R.K.)
●落語・劇・歌などバラエティに富んだ日本語の発表で楽しかったです。(匿名)
●初めて参加しましたが、いろんな国の方のおもしろい話を聞くことができて楽しかったです。(M.O.)
●久しぶりのica参加でした。生徒さん達は新しいお顔。日本の方々はなつかしいお顔。いろいろな人々が集まって楽しい発表会でした。(Y.I.)

ica わくわくworld

International Education Program

10月14日(金) 泉佐野市立日根野小学校


dsc_4794s dsc_4807s

 

 

 

 

 

 

 

 

ica で日本語を学習する外国人のみなさんが、国際理解教育のゲストティーチャーとして日根野小学校を訪れ、自分の国の紹介をしたり、一緒に給食を食べたりしました。子どもたち(1年生125人)からは、歌やダンスのプレゼントがあり、外国人の方たちも思わず「カワイイ?」と声をあげていました。

<わくわくWorldに参加して>

初めて日本の小学校を訪問しました。ダンスや給食のときに、子どもたちがきちんとしているのに感心しました。特に給食のシステムが気に入りました。できたてのバラエティに富んだ食事がトレーに入れられ、それを教室で先生と一緒に食べることは、栄養や健康、良い食習慣、行儀などを学ぶ機会になっていると思います。(ラトナ/バングラデシュ)