日本語指導者養成講座レポート

第11期日本語指導者養成講座修了

ica volunteer Japanese teacher training program
9月15日


外国人への日本語指導とica日本語教室について学び、icaに溶け込むことを主眼に、6月に始まった第11期日本語指導者養成講座。9月15日に修了式を終え、10名の指導者が新たに誕生しました。

※修了式の後、先輩指導者との交流会を行いました。

模擬授業の様子
模擬授業の様子。ica日本語教室の”現役”学習者が生徒役を務めました。

<受講生の感想 (抜粋)>

日頃何気なく使っている日本語をこんなに考えてみたことはなかったので、講義の最初から“ガーン”と一撃をくらいました。こんな私で4カ月間のプログラムについていけるのかと心配で…。関連の本を読んだり、ハードな夏を何とかのりきれたかな?と思っています。(O.H.)

日常では何も考えずに遣っている日本語の難しさを実感することができました。(A.Y.)

模擬授業は自分の発表以外は楽しませていただきました。模擬授業後に1~2回、復習も含めて授業があればいいのではないかと思います。(Y.E.)

何気なく使っている日本語を改めて考えるということは、とても新鮮でした。と同時に、教えるということの難しさを知ることができました。まだまだ教える領域にいたっていませんが、一緒に成長できたらなと思います(T.Y.)

最初は不安がいっぱいでしたが、授業見学に寄せていただき、3教室を参観させていただく中で、その生徒さんに合う事をしてあげたらいいのだとわかり、これなら自分にも何か1つぐらいは他人のためにできるのではないか、と確信に変わっていく気持ちが自分でわかってきました。(K.K.)

日本語指導者定例会

Japanese volunteer teacher’s meeting
8月4日(金)ica


 本年度の第2回日本語教室定例会が開催されました。日本語指導者養成講座の受講生5名も参加し、先輩指導者のみなさんの体験を聞いたり、アドバイスを受けたりしました。

定例会のようす
定例会のようす

<先輩指導者のお話から>

●勉強の目的を見極める
学習者ひとりひとり日本語を勉強する目的が違うので、その目的を見極めること。日本語を使う機会が他にないので、話し相手を求めている場合も多い。ときには、愚痴の聞き役になることも。その人の生活に何が必要なのかを考える。

●媒介語がない場合は?
スマホの翻訳アプリを使ったり、絵カードを活用する。電話連絡が難しいので、休みの連絡などは、ルールを決めておく。

●臨機応変に
初めから指導のスケジュールをびっちり立てても、その通りには進まない。進み具合を気にしない。

●触れてはいけないこと
宗教の話は避ける。個人的なことを初めから根ほり葉ほり聞かない。
何でもオープンに話す学習者もいるが、その場合は、聞き役に徹する。

第10期日本語指導者養成講座修了2014

ica volunteer Japanese teacher training program

2014年10月3日


外国人への日本語指導とica日本語教室の特性を知り、icaに溶け込んでいただくことを主眼に、6月に始まった第10期日本語指導者養成講座。10月3日に修了式を終え、11名の指導者が新たに誕生しました。

交流会

学習者の方の自己紹介のあと、お茶とお菓子でのフリートークで始まりました。皆さん積極的で、指導者の方が自分の指導ではない学習者の方と歓談されているのが目立ちました。学習者の方にとって、icaならではの経験が得られたのではないでしょうか。
また、新指導者の方が現指導者の方に、具体的な疑問につき今まで実践した指導方法、アドバイスを受けておられるのも今回の大きな特徴でした。(T.A.)

<受講生の感想 (抜粋)>

  • 養成講座を受けてみて、改めて日本語の難しさに気付きました。普段何気なく使っている言葉を説明して理解してもらうのは、大変だなと思いました。でも、模擬授業で自分が説明したところを理解してくれたような時は楽しく感じましたので、実際ボランティアをするようになっても、楽しみながらやっていきたいと思います。(O.M.)
  • 外国の人に日本語を教えることによって、その国の文化を知る事ができると思い、楽しみにしています。(M.J.)
  • 実際に授業を受け持っての体験を聞き、外国人の方々に、教える側教えられる側の関係ではなく、相互に持ちつ持たれつ学びあえる関係であるとのこと。日本語指導を受け持つ気持ちが少し軽くなりました。(A.M.)
  • 養成講座を受講して)出会いがたくさんあり、それはとても自分の財産になったかなぁと思います。(N.K.)
  • 久しぶりに「勉強したなぁ」という充実感がありました。最初は大変なところへ来たなぁ、と不安でいっぱいでしたが、さてこれから自分が教えていくという楽しみが持てるようになりました。(M.H.)
  • 母国語として何も考えずに使っていた日本語ですが、改めて言葉とは何かを考える機会になりました。先輩たちのエピソードも大変興味深く、異文化交流の楽しさを知ることができました。(O.A.)

 

 

第10期日本語指導者養成講座はじまる2014

Japanese volunteer teacher training class

2014年7月1日

第10回日本語指導者養成講座が6月6日に開講しました。受講生は11名。秋には新しい指導者の誕生です。

 

受講生に聞きました!受講のきっかけは?

●現在icaで中国語を習っているので、先生に勧められて。
●国際交流に興味があるから。
●icaの国際交流事業に参加したことがある。海外の方との交流、ボランティアをしたい。
●外国の友人作り。
●人が好き。言葉がおもしろい。
●icaに来ている知り合いに誘われて。
●先に受講した妻に刺激されて。
●ボランティアに興味があり、色々な国の人と接したいと思っていた。また、自分の勉強にもなると思った。
●外国の方々との出会いを求めて。
●昨年行ったネパールで日本語を勉強している子どもたちに会い、日本語教育に興味を持ったので。
●タイに滞在予定があり、その間に、現地で日本語を教えるため。

 

 

 

教えることについて センパイ指導者のみなさんが 語ったこと2012

~現ボランティア指導者学習者を囲んで~

 

 日本語養成講座の授業の一環で現役指導者とのフリートーク会が開催されました。
 初級者指導法の学習や模擬授業体験を終えた講座生のみなさんにica日本語教室の全体像について伝える試みです。

●教室の主体は学習者
日本語教室の主体はあくまで学習者であり、最初にすべきことは、彼らのニーズを把握することである。次にそのニーズに如何に応えるかを考え、準備することである。彼らのニーズは、例えば、ただ話を聞いてもらいたいということから、看護師試験、日本語能力試験等の勉強までと多様である。そのためには日ごろから日本語を学習することは言うまでもなく、出来ればあらゆる分野に関心を持ち学習することが望まれる。
【林さん】

●学習者の名前のよびかた
韓国人の学習者に姓で話しかけていたが、韓国では姓のみで呼びかけることはあまりないと知り、以後、名前で呼ぶようにした。国によって違うと思うので、初めにどう呼べばよいか尋ねるようにしている。
【熊取谷さん】

●助詞を教える場合の注意
助詞を教える場合、強調するのは最初だけにすること。最後までそのままだと不自然な日本語になってしまう。
●学習者にふさわしい日本語を
学習者にふさわしい日本語を教えるようにすること。男言葉、女言葉、若者言葉、方言と共通語、俗語等の問題についてよく考えておくこと。
【澤田さん】

●心がけていること
日頃日本語ボランティアとして私は次のようなことに心がけています。学習者が日本語ができないといって子供扱いをしないようにするとか、また、指導者が一方的に学習者に教えるというのではなく、できるだけ学習者に発話の機会を与え、活発な雰囲気になるようにつとめること等です。
【松井さん】

●長く続ける秘けつ
日本語を指導することにこだわらず、ボランティアという気持ち、交流ということを忘れずに気楽にボランティアを楽しむことが長く続ける秘けつだと思っています。
【高木さん】

 

 

12