wp-admin のすべての投稿

台湾のおまじない

Good Luck Charm


DSC_9303s

台湾では、10元硬貨を電卓に貼るのが商売繁盛、金運upのおまじないだそうです。ica日本語教室のアイリーンさん(台湾出身)から硬貨をいただいたので、私も電卓に貼ってみました。

硬貨に描かれている肖像はいろんなバージョンがあり、この硬貨は孫文とのことでした。(U)

ミニ インタビュー ~リトアニアのアルさん

世界中から外国人が訪れる関西国際センターでは、どんな研修生が日本語を勉強しているのでしょう?突撃インタビューしました。

アルヴィーダス・クンピス(アル)さん / ヴィータウタス・マグナス大学

アルさん2s

「リトニアにも桜の公園はありますが、
日本でお花見をするのが楽しみです」
と話すアルさん

 

─アルさんについて教えてください。
大学院で、政治学を勉強しています。専門は東アジアです。同時に、カウナスにある「杉原千畝*記念館」のスタッフとして、4年間勤務しています。カウナスは戦前のリトアニアの首都で、当時の日本領事館が、現在「杉原千畝記念館」になっています。昨年の夏から冬にかけて、リニューアル工事が行われていました。私は昨年9月から日本に来ているので、まだ完成を見ていません。

記念館

カウナスの杉原千畝記念館

 

 

 

─「杉原千畝記念館」にはどんな人が訪れますか?
昨年は、18,000人の入館者があり、90%が日本人、残りの10%がユダヤ人、アメリカ人、西ヨーロッパ人です。

─杉原千畝について知っていましたか?
高校の歴史(近代史)の授業で知りました。リトアニアと日本の関係を知り、おもしろいと思いました。ソ連時代(編集部注:リトアニアは、第二次世界大戦後ソ連の構成共和国の一つとなったが、1990年に独立を回復した)には、政策の違いから歴史教育も違ったので、それまではあまり知られていませんでした。記念館がオープンしたのも2000年です。若い人やユダヤ人に関係のある人は、杉原千畝のことを知っています。

─日本に来てどうですか?
みんな親切で、いろいろ手助けしてくれるので、生活に問題はありません。現在の平和的な社会や日本人の強い人道の精神は杉原千畝と共通するものを感じます。6カ月の研修は短くてまだまだやりたいことや行きたいところがたくさんあります。

─ありがとうございました。日本とリトアニアの新たな架け橋となってくださいね。
はい。そうなりたいです。

 

*杉原千畝(1900-1986) 第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナスで、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けした。

にほんご教室 My classこんな工夫をしています

「うんこを頭におく」。教室から聞こえてくる声に、事務局員も思わず吹き出してしまいます。昨年大ヒットとなった「うんこ漢字ドリル」のような例文で周恩駿くん(中国)を指導する松本さんにお話を伺いました。

DSC_9297ss

授業中の松本さん(左)と周恩駿くん。(右)ホワイトボードにはうんこの絵がいっぱい

万国共通!?

◆恩駿くんは、4月から小学生ですね。
松本: はい、入学準備のため、1月からicaでの勉強を始めました。

◆あの例文はどこから?
松本: この年齢の子どもは「うんこ」という言葉にすごく反応を示しますよね。たまたま最初の授業のとき、「大きい/小さい」を教えようとして、ぞうとねずみのうんこの絵を描きました。すると、そのうんこの絵にとても反応がよく、覚えるのも早かったんですね。それからは、うんこを絡めながら説明しています。子どもがうんこが好きなのは、世界共通ですね。うんこが出てくると表情が違います。恩駿くんの反応を見ながら、興味のありそうなものを取り入れて、語彙を増やしていくようにしています。うんこを「いっこ、にこ」と数えたら、「じゃあ、次はえんぴつは?ねこは?」という感じです。ひとつの言葉から、その場のひらめきで、どんどん発展させていくので、連想ゲームをしているようです。楽しく覚えてくれるといいですね。

 

KIX泉州国際マラソン ランナー歓迎会

Welcome party for Marathon runners
2月19日(月) ica


 2月18日に開催された第25回KIX泉州国際マラソン。泉佐野市と友好関係にある中国・成都市とモンゴル・トゥブ県から招待されたランナーが見事完走しました。 翌19日には23名が参加し、icaで歓迎会を催しました。

ヌルゼド ドゥラムさん (モンゴル) 女子一般の部 19位(タイム 3:29:47)
ファン ヤンシャさん(中国) 女子一般の部 269位(タイム 4:25:50)

DSC_9374s

自己紹介をするランナーの二人。
歓迎会参加者の中には、同じく前日のマラソンに出場したicaメンバーもいました。

 

DSC_9345s

国際交流員のオギ―さん(モンゴル)から作法について説明を受けるヌルゼド ドゥラムさん。
薄茶は「おいしかったです」

 

DSC_9365s

琴を体験するファン ヤンシャさん。

「さくら」のメロディーは「知っていた」とのこと。
着物は着付けを担当したIさんが20歳の頃着ていたもので、Iさんも感慨深げでした。

ワヤン(インドネシア)

DSC_8304s

インドネシアのジャワ島を中心に行われる伝統的な人形芝居ワヤン。その人形をモチーフとしたペーパーナイフ。人形の顔や模様なども細かく描かれている。「ワヤンはテレビでもよく見ることができます」とのこと。
(ふれあい交流祭り・取材協力/マイケルさん)