「OFIXニュース」第79号より

■ 外国人のための相談サービス (特活)泉佐野地球交流協会
実施日:5月31日(火)
参加者:6名(相談件数5件)

泉佐野市の相談員とOFIXの相談員が6名の来訪者の相談に対応し、泉佐野地球交流協会(略称ica)とOFIXの語学ボランティアが英語、中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語の通訳を行いました。

関西国際空港が立地する地域特性から、航空会社に勤務する外国人の方も来られ、在留資格、仕事などの相談を受けました。

また外国にルーツのある地元の高校生も来られ、スタッフや通訳者と母語能力の維持や進路などについて意見を交わすなど、終始和やかな雰囲気の中で実施されました。

 

● 「外国人相談会を含む外国人住民支援と今後の展望」

泉佐野市市民協働課

泉佐野市では、地域の在住外国人の支援や住民の国際化推進のための事業を(特括)泉佐野地球交流協会(略称ica)に委託しており、icaでは2年前より「外国人のための相談サービス」をOFIXと共催しています。

もともと、市の人権担当課が中心となって、各種相談機関が泉佐野市相談事業連絡会議というネットワークを作り、情報交換や研修会を実施しています。相談会を始めたことによりicaにも、このネットワークの一員に入っていただきました。

本市では、相談事業を人権擁護活動の一環と考え、在住外国人の人権擁護の観点から、相談会には市の人権相談員も参加しています。市の人権相談員が参加することにより、市の施策を紹介したり、市の他の機関につなぐことができます。先日の相談会でも、妊婦さんからの相談を市の保健センターにつなぐことができました。

今後は、他の相談機関が受ける外国人の方の相談についても、icaが通訳等の支援をするなど、ネットワークを活用した取り組みが期待されます。

【メールマガジン「OFIXニュース」第79号 2016/7/15】より転載

ユニークな解説

日本語学習のテキスト『Genki』の解説がユニークです。
「映画」や「法律」のローマ字表記が”eiga”や”houritsu”ではなく”eega””hooritsu”と発音に近いものになっていたり、”ん”の発音について、「日本人はあまり気づかずに使っているから、あなたもあまり気にせずに」と書かれていたり、視点が他のテキストとは違っていて、おもしろいと思いました。(M)

(icaNews 239号)

ほめてもらったものの…

日本人はほめることが好きだと思います。よく「日本語うまいですね。下手な日本人よりうまいですわ」と言われるからです。でも、どうして下手な人と比べるんですか?どうせほめるなら、上手な人と比べてほしい!…といつも思います。また、「フランシアさん、そこら辺の日本人より上手ですね」とも言われますが、「そこら辺」というのがどこかを教えてほしいです。

(フランシアさん/フィリピン)

( icanews 236号)

本格的ティラミスの材料は・・・

本格的ティラミスの作り方をSさんに教わることになりました。

材料について話していると、
Sさん「こんにゃくがいりますよ」
日本人A「え・・・?こんにゃくですか??」
Sさん「あ、コニャックでした」

☆こんにゃく・・・サトイモ科の植物の球茎から製造される食品。
☆コニャック・・・フランスのコニャック周辺で産出されるブランデー。

(icaNews 227号)

…くさい?

雑談の中でふと使ってしまった“面倒くさい”という言葉の意味を生徒さんに聞かれ、説明するのに苦労した。においの“臭い”とは違う。考えてみると、貧乏くさい、おっさんくさい、けちくさい、など“~くさい”のつく言葉は結構ある。
国語辞典で調べてみると、~くさいには「それらしい感じがする」との説明があり、そんな“香り”がすることで、においと全く関係ないこともないか」と納得。「あまりいいことには使わない」との記述もあり、生徒さんに「使っちゃダメよ」と言っておいてよかった~。
(取材協力:日本語指導者Mさん)

(icaNEWS 210号)

12345...19