ブラックファラオ~ヌビア人の王たち~

The Black Pharaohs

 

古代エジプトの歴史の中に、「ブラックファラオ」と呼ばれる異国から来た黒人の王が君臨した時代があったことを知っていますか?その王たちは現在のスーダンにあたるヌビアの出身でした。関西国際センターの研修生・ハッサンさんに、お話を伺いました。

my pictureハッサンs

「スーダンにはたくさんすばらしいものがあります。遺跡、宝物、自然、そして一番は優しく親切な人々です」と語るハッサンさん。「スーダンにはたくさんの部族が共存しています。結婚式や赤ちゃんが生まれたときにナイル川の水をかける習慣やヒエログリフのような古い文字といったヌビアの古い文化が残っている部族もあります」

 

現在スーダンとして知られている地域で、おもにナイル川流域に住んでいたヌビア人は、馬術で有名で、裸馬を乗りこなす優秀な騎兵でした。ヌビア語は東部スーダン諸語のひとつで、ナイロ=サハラ派の流れを汲んでいます。ヌビアの歴史は古く、30万年前の旧石器時代から始まっています。紀元前6000年ごろには、農業が行われ、エジプトとの交流が始まり、深いつながりを持つようになりました。

ヌビアという名前の由来にはいくつかの説がありますが、古代エジプト語で金を意味する「nebu」が起源という説が有力です。その名の通り、ヌビアは豊富な量の金を産出して、エジプトにとって重要な役割を果たしてきました。

 (編集部補足)ヌビアにはクシュ王国が成立したが、エジプト新王国時代には、エジプトの支配下におかれていた。その後、他国の侵攻により弱体化したエジプトをヌビア人の王が征服して、第25王朝(紀元前747-紀元前656年)を築いた。これが、「ブラックファラオ」と呼ばれる黒人の王たちの時代である。

ブラックファラオは、約100年間エジプトを支配しましたが、 最近までブラックファラオについてはあまり知られていませんでした。注目されるようになったのはこの40年ほどの間で、スイスの考古学者、シャルル・ボネらにより、遺跡の発掘調査が進んだからです。今は多くの遺跡が、水と砂の下に沈んでいます。

現在スーダンには240以上のピラミッドが残っています。スーダンの人々はこれらの遺跡を残し、古代のファラオを生んだ自国の歴史に誇りを持っています。残念ながら、ピラミッドのほとんどは19世紀に、盗掘にあったり、破壊されたりして、宝物は持ち去られてしまいました。世界遺産に登録されているナパタの神殿にある柱の浮き彫りは、王の脚しか残っていませんが、ブラックファラオは背が高く、とても強かったと言い伝えられています。

現在のスーダンも、金と石油など資源が豊富で、肥沃なナイル川周辺の平地で農業が盛んに行われています。牧畜も盛んで、化学肥料が使われていない牧草で育った家畜の肉は味も良いと評判で、巡礼で賑わうメッカをはじめとして、近隣諸国にも輸出されています。また、世界のアラビアガムの80%がスーダンで作られています。そして、スーダンは中東と西アフリカや南アフリカを結ぶ、交通の要衝でもあります。いろいろな意味で、スーダンはアフリカの重要な位置にあります。

大阪アジアン映画祭ボランティア 感想

OSAKA ASIAN FILM FESTIVAL 2016

 大阪市で毎年春に開催されるアジア映画、またはアジアに関連する映画を上映する映画祭。今年は3/4(金)~13(日)に開催され、icaメンバー10名がボランティアスタッフとして関空で、海外から招かれたゲストのアテンド(お世話係)をしました

・普通では会話する機会のない人と、英語/中国語で話ができ、素晴らしい時間をいただいた。(N)
・映画祭の存在を知ることができ、よかった。幸か不幸か出迎えて、バスやタクシーに乗せるまでがスムーズに進んだので、会話の時間が短かった。もう少し待ち時間があれば、映画のことなどお伺いしたかった。(D)

2015年度ica日本語教室を振り返る

Japanese class 2014


日本語教室~写真は、府立佐野高校の留学生

2015年度日本語教室。学習者の入れ替わりが激しい1年でした。以前は日本人を配偶者に持つ人の割合が高かったのですが、最近は仕事のために来日した学習者が増えてきています。日本に慣れてきたころには帰国する人も多く、お別れの時にエールを送る場面もちらほら。この他、台湾、韓国、中国の学習者も増加しています。

 


2015年度「日本語教室定例会」を振り返って

世話役/赤坂 良藏 永橋 順子 村上 久代

「日本語教室定例会」の世話役を引き受けたものの、どの様に運営していけば良いのかと困惑していました。世話役の方から毎回これといった話題もなく、指導者の皆様の近況報告に頼った次第でした。その中で3回に渡り「形容詞学習に有効なイラストの描き方」「イスラームの世界」「擬声語、擬態語の教え方」の報告は、今後の日本語指導で役立つ話題でした。また、「N1検定の対策」「初心者の日本語指導方法」「敬語の学習方法」等の指導方法については経験豊かな指導者の対応策が参考になりました。(問題集を繰り返し練習、弱点分野の重点練習、辞書・イラスト・ジェスチャーの活用、参考書の活用etc…)
6月の「日本語学習発表会」では学習者が日頃の勉強の成果を発表の場で話す事で自信が多少でもついたのではないでしょうか。何よりも皆様のご協力で内容も工夫され、スピーチ、暗誦、ローストビーフの作り方、ダンス等あり、和やかな雰囲気で楽しい発表会になりました。この一年を振り返り、世話役としての役目に十分に応える事が出来なかったかも知れませんが、指導者の先生、事務局の皆様のお力添えのお蔭で無事に終える事が出来ました。世話役一同心よりお礼申し上げます。有難うございました。(文責:赤坂)

DSC_2371
2カ月に一度の日本語定例会。指導者の意見交換や情報交換の場

 

【2015年度日本語教室データ】

(2015.4~2016.2)

<行なわれた授業数>

月平均 124クラス
日平均 6.4クラス

<年間学習者(実人数)>…92人

<年間指導者(実人数)>…42人

<学習者の出身国数> …18カ国

●アジア/インド、韓国、スリランカ、タイ、台湾、中国、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム
●アメリカ/USA、カナダ、メキシコ
●ヨーロッパ(NIS諸国含む)/ブルガリア、イギリス、イタリア、ロシア
●中近東/シリア

日本語教室よもやま話

Short story about Japanese class

ica日本語教室のペアにはびっくりするくらいのベストマッチングになっていることが時々あります。葛城さん王さんクラスもその一つ。学習を始めてみるとお二人が同じ郵政関係の仕事に就いていたことがわかり、話題の共通項が広がったそうです。

KC4A1408
「着付け練習のモデルになった私たち」。ご満悦の葛城さん(左)と王さん(右)。ひなまつりイベント前にicaにて

 

“漢字文化”と“ひらがな文化”

葛城 肇

 北京出身の王さんは母国の大学在学時、京都の専門学校との交換研修生として情報(IT)処理を学び、大学卒業後、広島大学大学院の情報工学を専攻・修了。岡山の企業に勤めたが、中国郵政航空に転職。転勤で関空の大阪支店に。よって日本語は堪能。その上、ビジネス英会話教室にも通う勉強家で礼儀正しい青年。そんな優秀な彼と昨年の8月からビジネス会話やビジネス文書の企画・立案を一緒に学んでいるが、適当な教材探しに腐心している。
教材は専ら大阪のビジネス街にある大阪府立中之島図書館で物色。『ITエンジニアのための通じる文章にする五つの力』『正しいビジネス文書の書き方』『コンペ・入札で勝てる提案書』等々と雑多。私も勉強になっている。
王さんとの学習の中で「舌をまく」ことが再々ある。それは、比喩的な表現や質問された文言を説明する場合、その文言がいつ、誰が、どこで、どのような場面や感情の折りに使われるかをいくつかの例で説明しながら、他に端的な表現がないかを常に考えているが、私より先にまさにその文言の意味に相応しいと言える言葉や単語が飛び出す。王さんの頭の中には「ひらがな文化」を「漢字文化」に変換(?)する機能が備わっているのではないかと思うことがある。
———————————————
さて、彼には悪いが彼の人となりの一面を次のショートメールのやりとりから。
私のメールに対し「かしこまりました…」。私「『わかりました』が普通です。またどんな場面で使うか勉強しましょう」。彼「美味しくお召し上がっていただけとても嬉しいです」。私「ご丁寧なお言葉を頂戴しましたこと恐縮至極に存じます」。

 

日本語上達のチャンス

王 篠舟(中国)

 2013年5月に私は再び来日しました。普段、会社での仕事は日本語を中心に話しておりますが、本格的に日本語を勉強した経験がなかった為、日本語を上達させるチャンスをずっと窺っていました。icaを知ったきっかけは今通っている英語スクールで、icaのポスターを偶然に見かけたからです。icaのホームページを開いて見たところ、日本語レッスンをやっていることがわかりました。icaの事務室を訪ねたところ、今の葛城先生を紹介していただきました。葛城先生は元郵政グループの幹部であり、定年後も色々な場所で活躍しており、とても素晴らしい先生です。葛城先生に教わる日本語学習の内容はテキストに拘らず、日本の文化を始め、さまざまな知識、習慣、日常の出来事を紹介してくれました。非常に役に立ちます。icaでのレッスンはまだまだ短いですが、これからも一層努力していき、日本語でのビジネスコミュニケーション能力を高めていきたいです。(原文のママ)

外国の人と 日本の家庭料理をつくろう

Cooking
3月27日(日) 泉佐野市立佐野公民館料理室


 外国の人に日本の家庭料理を紹介する料理教室が開催され、外国人11人、日本人17人が参加しました。

三角おにぎりは握るのが難しい!?
三角おにぎりは握るのが難しい!?

 

企画段階で最も配慮したことは、宗教上の理由で食べられない食材を使わないようにすること。イスラム圏の人も参加できるよう豚肉や酒類を使わないレシピを作りました。
料理教室では「一汁三菜」の意味や「日本の食材~鰹節、ワカメ、コンニャク」について紹介し、興味が湧いてきたところで調理開始。肉ジャガやなます、卵焼き、味噌汁を作りました。各国の食材や食文化についての話も弾みました。

<参加者のみなさんの感想は?>

●たくさん食べました。日本の食べ物が大好き。新しい友達ができました。(ウィリアム/ハイチ)

●日本料理はヘルシーなので、作り方をぜひ覚えてきてと父に言われました。(カティ/ニカラグア)

●卵焼きの作り方はお義母さんに教えてもらいました。(ハナ/中国)

●ゴマはシリアでも使いますが、日本のようなすり鉢やすりこぎはありません。どの様にして使えばいいですか?(ナガム/シリア)

●今日の野菜スープ(肉じゃが)はいろんな食材を一緒に入れて炊いていましたが、スリランカのカレーは食材を混ぜて入れません。ポテトカレーはポテトだけ、ニンジンカレーはニンジンだけを入れます。(スリランカ/タランガ)

●肉じゃががおいしかったです。家でも作ってみます。(朴/韓国)

●料理をしながらコミュニケーションをとり、いろいろな文化を教えてもらえて、楽しかったです。(MT)

 

12345...15