子育てファミリーの異文化交流サークル

子どもたちの異文化体験や国際結婚ファミリーの情報交換の場

子どもの国際交流 外国の人と遊ぼう

Cross-cultural interchange for children
9月10日(日) 佐野公民館多目的室


小学校6年生までの子どもと保護者を対象に開催された「外国の人と遊ぼう」。今年も、World Fun(子育てファミリーの異文化交流サークル)のお母さん方による企画と運営で、子どもたちが喜ぶイベントとなりました。

「ボリビアってどこにあるのかな?」
「ボリビアってどこにあるのかな?」
DSC_7885s
初めてみる外国の文字もあるね!

外国に興味を持つきっかけに

去る9月10日“外国の人と遊ぼう”をテーマに、6か国9名の外国の方と14組の日本人親子による国際交流イベントが開催されました。イベントの企画・進行はicaで活動中の親子サークル“world fun”のメンバーが行いました。
各国の紹介では、動物の鳴き声やホールケーキの切り分け方など、日本との違いを実感できる例を挙げて外国の方々に説明して頂きました。中でもボリビアの独創的なケーキの切り方は、複雑すぎて説明できませんが、親御さん達からもどよめきが起こるほど衝撃的でした。
質問コーナーでは、「ブルガリアにも自動販売機はあるの?」など子供たちがそれぞれに質問をし、予想だにしない答えに目を輝かせていました。
プラ板に韓国語やタガログ語など、それぞれの国の文字であいさつや名前を書いてもらい、その場で焼いてキーホルダーのおみやげを作ると、最後は全員で輪になりブルガリアのダンスを踊ってフィナーレ。みなさん満面の笑みで会場を後にしました。
小1になる私の息子も家に帰ると、「台湾ってどこにあるの?」「中国の人は何を食べるの?」など外国に興味が湧いたようで、参加できて良かったと思います。国際交流に興味のあるお父さん、お母さん、お子さんを連れてぜひ来年のイベントに、そして“world fun”に遊びに来てくださいね! (S.T)

ボリビアのケーキの切り方にびっくり!

①
②

 

①真ん中をまるく切ります。
②外側を放射線状に切っていきます。
大家族が多く、誕生日やお祝い事にはご近所さんやお友達がおおぜい集まるので、この切り方の方がたくさんに切り分けられるんですね!

子どもの国際交流~外国の人と遊ぼう

Cross-cultural interchange for children
9月4日(日) 佐野公民館多目的室


小学校4年生までの子ども25人と保護者が参加して、ica日本語学習者のみなさんの国の話を聞いたりじゃんけんをしたりして遊びました。
今年は、World Fun(子育てファミリーの異文化交流サークル)のお母さん方による初めての企画開催。忙しい時間の合間を縫ってミーティングを重ねました。日ごろの子育てから得た感覚を生かし、子どもたちが喜ぶ内容が盛り込まれました。

子どもも大人も楽しい時間
「外国の人と遊ぼう」という、国際交流イベントにスタッフとして準備段階から参加しました。子供も大人も、外国の人も日本の人も皆が楽しめるアイデアを出すのには、スタッフみな苦戦していました。
当日はスリランカ、韓国、中国、ブルガリア、フィリピンの方がいらして下さり、「おはよう」など挨拶を外国語で教えてもらったり、『動物鳴き声クイズ』では犬など動物の鳴き声を外国ではどう表現するか答えてもらったり、国ごとのグループに分かれて「朝ご飯には何を食べるの?」など質問タイムがあったり、スリランカの方の歌や、参加者全員で輪になって踊るブルガリアの舞踊など、盛り沢山でした。「ゾウの全身が描かれた紙に、目隠しをされた回答者がゾウの目玉の位置を予想して貼り付ける」という、スイカ割りと福笑いが一緒になったようなスリランカのゲームには皆大興奮で、国を超えて笑いあい、あっという間の楽しい時間でした。(杉本花子)

*当日、J:comの取材があり、6日(火)に放送されました。

World Fun~「英語で遊ぼう」

2月16日に開催された「英語で遊ぼう」に、潜入取材してきました!

参加者は0歳~就学前の子どもとお母さん7組。イギリス出身のジョージさんは日本語を使わず、簡単な英語で進行していきます。もちろん初めて英語を耳にする子もいますが、ジョージさんのユーモアたっぷりのジェスチャーと併せて聞く事で、意味は十分理解できるようです。

初めは緊張して答えられなかった子どもたちですが、ジョージさんの泣きまねにつられて笑みがこぼれ、だんだんと声が出てくるようになりました。

歌や、英語でのじゃんけんは子どもたちも元気いっぱい。他にも絵本の読み聞かせなど盛りだくさんの内容で、あっという間に過ぎた楽しい1時間でした。

子育てファミリーの異文化交流サークル  新名称決定!”世界とあそぼ~World Fun~

Cross cultural activity for families with children

(写真左) 色とりどりに染められたイースターエッグ。ぶつけ合って頑丈さを競う。最後まで割れなかった卵の持ち主が、健康で幸福な1年を過ごすと信じられている。
(写真右) 「卵と卵ごっつんこ~」

1カ月に1度、0歳から5歳の子ども達が集まり、いろいろな国の歌や踊り、手遊びやゲーム、絵本の読み聞かせなどを、皆で案を出し合いながら楽しんでいます。
卵を染めて作る、ブルガリアのイースターエッグ《ヤイツェ》を作ったり、日本の子どもの日にちなんで、カブトを折ったり、剣を作ったりと、季節の行事も取り入れ、様々な文化や言語に触れる機会に、また、多くの人とのふれあいの場になればと考えています。
子どものためのサークル活動ですが、大人にとっても、初めて聞くこと、見るものが、たくさんあり、新鮮で貴重な時間となっており、毎回、にぎやかに活動しています。(網野良恵)