イベント活動レポート

ica地球理解講座~アルパ演奏とお話~ 音と色は地球の言葉

Arpa Performance & Talk
5月22日 エブノ泉の森ホール


地球理解講座は、パラグアイで日本語教師経験のある上之山幸代さんによるアルパ演奏とお話でした。優しく力強いアルパの音色、曲のイメージを表現した数々の自作の絵、そしてトーク。参加者の多くが心を揺さぶられました。

アルパ演奏_3292s
パラグアイの民族衣装を着てアルパを演奏する上之山さん。繊細なレース編みのモチーフをつなぎ合わせて仕立てられた衣装はとてもカラフル。この衣装を、多様な人が住む地球に見立てた。

アルパ演奏とお話『音と色は地球の言葉』を聴いて

大津谷 誠

上之山さんの感想は 、「あるときはアルパ奏者、あるときは学校心理士 、あるときは女優に 、またあるときは油絵画家、 しかしその実体は、 愛の戦士・・・」というイメージが頭に刷り込まれました。
アルパ (南米パラグアイハープ)生演奏は、日ごろiPod(携帯音楽プレイヤー)で聞く程度の私に、これが本当の音なんだと、心地よさを感じさせました。滑らかな、穏やかな音色から、激しい演奏、 時折、←で射抜かれ、一、二度、弦―下部のボックス(カヌーのような)をたたくなど、太鼓にもなり。
お話は、大阪らしいユニークさと難しい話題もわかりやすく。突然始まる寸劇に驚き、笑い、楽しく!
最初、パラグアイの衣装を着て”地球”となっていましたが、途中、ステージで「この服をここで脱ぎます」といきなり!ベレー帽をかぶり画家に変~身! 自作の絵(星座など)を説明しながら、画家衣装でアルパ演奏するギャップは、私とおない歳なんだ!私も頑張らねばと先ず隗より始めよう。

《会場の声から》
●「衣装がカラフルなのは、いろんな人の手によって編まれたから」というお話を聞き、宝物を貰ったような気持ちになりました
●これから生きていくことの意味を再確認できました
●家族を連れてきてよかったです

外国の人と 日本の家庭料理をつくろう

Cooking
3月27日(日) 泉佐野市立佐野公民館料理室


 外国の人に日本の家庭料理を紹介する料理教室が開催され、外国人11人、日本人17人が参加しました。

三角おにぎりは握るのが難しい!?
三角おにぎりは握るのが難しい!?

 

企画段階で最も配慮したことは、宗教上の理由で食べられない食材を使わないようにすること。イスラム圏の人も参加できるよう豚肉や酒類を使わないレシピを作りました。
料理教室では「一汁三菜」の意味や「日本の食材~鰹節、ワカメ、コンニャク」について紹介し、興味が湧いてきたところで調理開始。肉ジャガやなます、卵焼き、味噌汁を作りました。各国の食材や食文化についての話も弾みました。

<参加者のみなさんの感想は?>

●たくさん食べました。日本の食べ物が大好き。新しい友達ができました。(ウィリアム/ハイチ)

●日本料理はヘルシーなので、作り方をぜひ覚えてきてと父に言われました。(カティ/ニカラグア)

●卵焼きの作り方はお義母さんに教えてもらいました。(ハナ/中国)

●ゴマはシリアでも使いますが、日本のようなすり鉢やすりこぎはありません。どの様にして使えばいいですか?(ナガム/シリア)

●今日の野菜スープ(肉じゃが)はいろんな食材を一緒に入れて炊いていましたが、スリランカのカレーは食材を混ぜて入れません。ポテトカレーはポテトだけ、ニンジンカレーはニンジンだけを入れます。(スリランカ/タランガ)

●肉じゃががおいしかったです。家でも作ってみます。(朴/韓国)

●料理をしながらコミュニケーションをとり、いろいろな文化を教えてもらえて、楽しかったです。(MT)

 

Enjoy Sport! ソフトバレーボール

Soft volleyball

2016.2.11


2月11日(木・祝)、Enjoy Sport!ソフトバレー!が泉佐野健康増進センターで開催され、16カ国16人の外国人を含む52人が参加。外国人、日本人の混成チーム4チームに分かれて、icaのローカルルールでリーグ戦を行いました。

・泉佐野でこんなにたくさんの外国人の人とプレーできるなんて!(杉田)
・ネットより背の高いエディ君、両手を上げるだけでナイスブロックには”びっくりぽん”!(奥田)
・いろんな国の人とバレーができました。私の子どももいろいろな人に抱っこしてもらいました。楽しかったです。(M)
・もう歳ですから(実は28歳)あまり無理をしませんでした。体があちこち痛みますから。(笑)(ホセ/パナマ)
・ソフトバレーだといろんな年齢の人が楽しめますね。とてもいいアイデアです。またいつもと違った一日でよかったです。日本語を勉強するのにとてもいい機会でした。(アンディ/アルバニア)
・ソフトバレーは初めてです。いろいろな人と会えて楽しかった。(サディグ/アゼルバイジャン)

GAYAGAYAパーティ

International Party
2015.12.19


世界の人とカンパイしよう!

 大きな会場も小さく見えるほど大勢が参加した今年最後のビッグイベントGAYAGAYAパーティ。約120名の人が集い、踊り、おしゃべりし、交流しました。(社会福祉センター) 26カ国115名が参加(内、外国人39名)

→民話「大きなカブ」の日本語寸劇。出演者はica日本語教室で学ぶ外国人のみなさん。衣装も決まっています!

→みんなで輪になってモルドバのフォークダンス。ダニエルさんのリードもお見事でした!手をつないで左に3歩右に5歩。中央に集まって男性は低い声で「オロロロロ…」女性は高い声で「ルルルルル…」。

 

”とても楽しかった!”

●劇のナレーションをする時はちょっと緊張したけれど、笑顔でいるとドキドキ感も減ってきました。(オギ―/モンゴル)
●演劇は大成功!(李/中国)
●いろいろな国の人がいました。日本語や英語、スリランカ語…たくさん話しました。(ティリニ/スリランカ)
●とてもいい雰囲気!(ロシア)
●みんなで作り上げたパーティ!(日本)

icaわくわくworld 2015.12

International Education Program
12月11日(金)・12月16日(水)


 

 

ica で日本語を勉強するイウィリさん(メキシコ)と水野フェフランシアさん(フィリピン)が、泉南市の中学校をゲストティーチャーとして訪問しました。また、泉佐野市内の幼稚園ではマシューさん(アメリカ)がサンタ役を務め、子どもたちにプレゼントを渡すなどクリスマスムードを盛り上げました。

DSC_2009s
生徒の質問を受けるイウィリさん(メキシコ)
DSC_2032s
園児に歓迎を受けるマシューさん(アメリカ)

こども園ではこんな素敵な演出が…

① サンタさんのそりの鈴の音が、遠くからだんだんと近づいて聞こえてくる。
② 子どもたちが書いたサンタさんへの手紙を持って「お手紙有り難う!」とサンタさんが登場する。
③サンタさんが帰った後、 園庭にはサンタさんが乗っていたそりの跡が残されている。