イベント活動レポート

子どもの国際交流?外国の人と遊ぼう?

Cultural?Exchange for Children
9月9日(日)  佐野公民館多目的室


 

World Fun & Junior(子育てファミリーの異文化交流サークル)のお母さん方が趣向を凝らした企画イベントに親子24組総勢72名が参加。外国人ゲストによる自国紹介、フルーツバスケット、縁日を楽しみ、大いに盛り上がりました。

DSC_0417s
アランさん(アメリカ)、アリソンさん(オーストラリア)、テイエイキさんと息子さんたち(中国)に自国紹介していただきました。日本との時差について教えていただくと「えっ?!アメリカ、今、夜中なん?」おどろきの表情を見せる子供達もいました

 

DSC_0454s
“How much?”とたずねるおきゃくさん。”Two dollars!”と元気いっぱいのおみせやさん
DSC_0445s
コマまわし、どちらが長く回るかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0436s
「ドル」、「元」、「ユーロ」をキーワードに「フルーツバスケット」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<この楽しさを伝えたい>

World Funの皆さんが中心となって主催するこのイベントに親子3人、初めて参加させて頂きました。
今までも、そしてこれから益々、国際的に視野を広くもてる人が求められる時代だと思い、icaに今年の春、登録させて頂きました。
とは言うものの、はて?昔は話せた筈の英語がサラッと話せない私―子供達もしかり。こんな親子を受け入れてくださるのであろうか、とドキドキしながらイベントの当日の準備から参加させていただきました。
しかし、World Funの皆さんは優しく迎えて下さいました。イベントに参加してくれる子供達、皆が楽しく国際交流してくれたらいい♪という共通の想いを感じ、私達親子の不安混じりのドキドキ感は、いつしか楽しい!になっていました。
イベントでは、沢山の子供達、色んな国々の人々が一緒になって、楽しく学び、楽しく遊びました。アランさんの「みんな、きいてや?!」の面白い自国紹介トークに会場も盛り上がりましたね。
また、アリソンさんの話では、オーストラリアの大自然や美味しいseafoodに想いを馳せました?テイエイキさんの中国語講座はなかなか難しかったですが新鮮でしたね。
外国は遠いと思っていたけれど、日本に居ても求めれば外国の文化や人々に触れる事が出来ると知りました。そして素敵な出会いもあるものだと。
この楽しさを友人にも伝えたいと思った一日でした。皆さん企画、準備、片付けありがとうございました!またお会いしましょう。(本多佳子)

 

演奏とダンスで感じる?南米アンデスの風?

総会後の地球理解講座には約60名が参加し、どこかなつかしさを感じる南米アンデス地方のフォルクローレ(民族音楽)を満喫しました。
………………………………………………………………………………………………………………………

DSC_9750s

奏するM.S.K(エメ・エセ・カー)のみなさん

心地よい音楽と楽しいダンス

 南米アンデスの音楽と言えば 「コンドルは飛んでいく」、この曲と言えば 「ケーナ」、ケーナと言えば 「田中 健」ぐらいの知識しかない私でしたが 、今日M.S.K さん達の音楽を聴いて、その国の持っている民族性でしょうか、 同じ楽器で奏でていても、 賑やかな曲、 タイトルは悲しいのに 何故か心地良い曲、本当に素敵でした。楽器もサンポーニャ・ボンボ(毛の生えた太鼓)・チャランゴ(ウクレレそっくり)と初めて見る楽器もあり、名前も今日初めて知りました。この楽器で演奏された日本の楽曲も何故かアンデス風ですが、 何か懐かしい気持ちで 聴き入ってしまいました。まちゅぴちゅさんのダンスも可愛いかったです。最後にみんなでダンスして とても楽しい時間を過ごせました。(村田佐智子)

DSC_9919S

カラフルな衣装のまちゅぴちゅのみなさん

<会場の声>
**************
●映像との組み合わせがよかった。南米アンデスの国々は音楽も似ている。●珍しい楽器をいろいろと見ることができ、楽しかった。ヒツジの爪を集めた楽器にはびっくりした。●時間をを忘れて楽しんだ。●(音楽の)敷居が低く、会場が一体となって楽しめた。

<アンデスの楽器たち>
リード(吹き口)のない縦笛ケーナ、管をいくつも束ねたサンポーニャ、ウクレレのようで物悲しい音色のするチャランゴ、毛の生えた大太鼓ボンボ…珍しいアンデスの楽器たちです。

DSC_9945s

 左から、 ロンダドール、ギター(スペイン語はギターラ)、チャランゴ、ケナーチョ、マンドリン、サンポーニャ、ケーナ、サンポーニャ、ハッチャケーナ(後ろの女性が持っている大型のケーナ)、ボンボ、ケーナ

 

 

 

 

お正月を遊ぼう

?Enjoy New Year??
1月27日(土) 関西国際センター


約110名(うち外国人約40名)が参加して行われた「お正月を遊ぼう?Enjoy New Year?」。日本の伝統的な遊びに加えて、競技かるたのデモンストレーションや獅子舞も披露され、参加者はお気に入りの遊びを見つけて楽しみました。

 

 

協力:
国際ソロプチミスト大阪-りんくう
サードプレイス
アート水引きむすびの会
生田神社獅子頭保存会
大阪なにはえ会

GAYAGAYAパーティ

International Party
2017年12月17日(日) 北庄司酒造蔵しっくホール


外国人41人を含む130人が参加したGAYAGAYAパーティ。家族での参加も多く、様々な年齢や国籍の人々が歌やダンス、ゲームやおしゃべりを楽しみました。

DSC_8873s

「何月生まれ?」「好きな色は?」などの質問に合わせてグループに分かれる「友達さがしゲーム」では、初対面の人とも仲良くグループに。ちなみに、「何人きょうだい?」の質問での最多は12人でした。

●素敵な会場で、楽しめました。いろんな国の人と話せて楽しかったです。(S)
●マカレナのダンスはいつも楽しいですね。(M)
●司会は初めてでしたが、いい経験になりました。夫のダンスも盛り上がってよかったです。(アイリーン/台湾)

 

ふれあい交流祭り

International Friendship Festival
11月23日(木・祝)関西国際センター


世界の人と秋祭り!
センターでわっしょい!

第20回となる「ふれあい交流祭り」が関西国際センターで開催されました。来場者はそれぞれ、研修生のお国紹介や各交流団体のブースを訪れました。icaの「うちわに好きな字を書いてみよう」には約100人が参加し、筆ペンを使ってうちわに好きな言葉を書きました。
(主催:関西国際センター研修生交流支援協議会 共催:国際交流基金関西国際センター)

アルゼンチンのギドさん(手前)は見本の中から「感謝」の字を選んで書きました。理由は形が「きれいだから」。書き順にこだわらない自由な筆運びで、すてきな作品になりました。
DSC_8409s

 

悩んだ末に、万葉集から「海行かば」の言葉を選んだサンチェスさん(メキシコ)和服も似合ってます。
DSC_8391s