ふれあい交流祭り

ふれあい交流祭り

International Friendship Festival
11月23日(木・祝)関西国際センター


世界の人と秋祭り!
センターでわっしょい!

第20回となる「ふれあい交流祭り」が関西国際センターで開催されました。来場者はそれぞれ、研修生のお国紹介や各交流団体のブースを訪れました。icaの「うちわに好きな字を書いてみよう」には約100人が参加し、筆ペンを使ってうちわに好きな言葉を書きました。
(主催:関西国際センター研修生交流支援協議会 共催:国際交流基金関西国際センター)

アルゼンチンのギドさん(手前)は見本の中から「感謝」の字を選んで書きました。理由は形が「きれいだから」。書き順にこだわらない自由な筆運びで、すてきな作品になりました。
DSC_8409s

 

悩んだ末に、万葉集から「海行かば」の言葉を選んだサンチェスさん(メキシコ)和服も似合ってます。
DSC_8391s

ふれあい交流祭り

International Friendship Festival
11月23日(月・祝)関西国際センター


世界の人と秋祭り!センターでわっしょい!

「ふれあい交流祭り」が11月23日に関西国際センターで開催されました。お天気が心配されましたが、世界の国々に興味を持つ人や家族連れなど多くの方が研修生のブースや各交流団体のブースを訪れ、思い思いに楽しい時間を過ごしました。(主催:関西国際センター研修生交流支援協議会 共催:国際交流基金関西国際センター)

icaのブースでは、約90名がオリジナル扇子作りにチャレンジ。筆で好きな言葉を書いたり、絵を描いたりしました。

 

「お母さんへのプレゼントに、お母さんの名前をひらがなで書きました。記号みたいで大好きです。アルバニアでも女性はよく扇を使います。日本の扇子によく似ています。結婚式のとき花嫁が持つのは純白の扇です。京都でも扇子を買いましたが、もっと大きくカラフルでした」(アンディさん/アルバニア)