Feature Article

Feature articles that appear on the features home page

子どもの国際交流 ~外国の人と遊ぼう~

Cross-cultural interchange for children
9月1日(日)  佐野公民館多目的室

World Fun のお母さんたちの企画、準備、運営で開催された「外国の人と遊ぼう」。ゲストにはイラン、エジプト、ガーナ、スリランカ、中国、ドイツ、ベトナムの7カ国8名の外国人をお迎えしました。ゲストの各国紹介、ジェスチャーゲーム、じゃんけん列車、おみせやさんごっこなど、盛りだくさんな内容で、子どもたちの心をわしづかみのプログラムでした。ゲストもファミリーも一緒に盛り上がり、笑顔があふれていました。

イランはどこかな?世界地図に駆け寄り、確認する子どもたち。「イランの国の形はネコの顔の形に似ていますよ」と子どもたちに説明するシラさん(写真左)
ジェスチャーゲーム。ぼくたち、わたしたち、いったい、なにをあらわしているでしょう? (正解:アイスクリーム)
「グー」「チョキ」「パー」で、じゃんけん列車
わなげコーナー。 何ポイントゲットできるかな?

「楽しいが一番!」

 「外国の人と遊ぼう」に子供と一緒に参加しました。
 イベントの中では、ゲストの方が国の説明をしてくれ、興味を持った子供達が群がったりする場面もありました。
 ジャンケンひとつ取っても、出せる手が3つではなく4つだったり、そもそもジャンケン自体が無かったり。「へぇー」っていう驚きの声が上がり、目をキラキラさせていたのが印象的でした。
 外国のお金をつかったゲームコーナーも楽しかったです。
 今回参加した理由は、小さいうちから色々な国の人と交流した方がいいと考えたからです。私自身、日本語が話せない、苦手という方と話すのに一歩ひいてしまう所がありました。ica に入りそういった意識はなくなりました。
今回のイベントで一番印象に残っているのは、イベントが始まる前、ゲストの方の子供と日本の子供達が、言葉は通じなくても楽しそうにサッカーをしたりして遊んでいました。子供達にとって楽しいが一番の交流なのだと感じました。
 日本は自国以外の国の事を知ったり交流をしたりする機会が少ないと思うので、とてもいい体験が出来たと思います。ありがとうございましした。 (TM)

泉佐野郷土芸能の集い

Summer Festival in IZUMISANO
2019.07.27

 第44回泉佐野郷土芸能の集いが、りんくうタウン駅近くの府営りんくう公園第2駐車場で開催され、市民や外国人観光客でにぎわいました。 ica日本語教室の学習者を中心に、6カ国10名の外国人が浴衣を着て、日本の夏祭りを楽しみました。また、icaは昨年と同じく「世界のお土産品が当たるチャリティーくじ」を出店し、子どもや外国人の人気を集めました。

Hometown Celebration

Summer Festival in Izumisano
July 27, 2019


The 44th Annual Izumisano Folk Art Festival was held at Rinku Park, near Rinku Town Station. The event was packed with local citizens and foreign tourists. Ten foreigners from six different countries, mainly learners of ica Japanese language classes, wore traditional yukata and enjoyed the summer festivities. Like last year, ica set up a booth titled Charity Lottery. The booth attracted children and foreigners alike, giving them a chance to win souvenirs from around the world.

みんなでにほんごはなしましょう

Japanese class presentation
2019.6.15(土)


日本語教室発表会「みんなで にほんご はなしましょう」が6月15日(土)に開催され、57人が参加しました。発表者は8カ国14名。自分の日本語のレベルに合わせて、スピーチや歌を披露しました。

…………… 参加者のみなさんの感想 ……………

●いろいろなスピーチを聞くのは楽しく、今日は新しい何かを学びました。また、とても短い期間で日本語を話せるようになった学習者の人もいて、びっくりしました。(ジェフリー/ドイツ)
●とてもよいかつどうです。はじめてなので、きんちょうしました。ほかのちゅうごくのひとともはなしができて、とてもたのしかったです。(孫琳/中国)
●みなさん日本語が上手で、聞いていてよくわかりました。(S)
●久しぶりにicaのイベントに参加しました。学習者のみなさんが増加し、しかも色々な国から来ているのにびっくりしました。(T)
●学習者と先生の関係がどのペアも非常に良くて、ほほえましかったです(M)
●いろんな思いが伝わってきた発表会でした。今日のために、すごく頑張ってきたことがわかります。(K)
●日本語教室としてだけでなく、他の国の文化を知り、それを通して日本のことをもっと知ることができたのが興味深く、よかったです。(U)

It’s Time to Speak Japanese!

Japanese Class Presentation
Saturday, June 15, 2019



Let’s Speak Japanese was held on Saturday, June 15. Students of ica learning Japanese, had a chance to present in front of an audience. Fourteen presenters from eight different countries, with various levels of Japanese, performed a song or gave a speech.

Impressions from presenters and audience members

  • It was fun to hear various speeches. I learned some new things. I was also surprised that some of the learners were able to speak Japanese in such a short period of time. (Jeffrey / Germany)
  • It was a very fun activity. It was my first time so I was a bit nervous. It was great to be able to talk with other Chinese people. (Sonlin/ China)
  • Everyone was good at Japanese and I had no problem understanding. (S)
  • It’s been a long time since I participated in the ica event. I was surprised to hear that the number of learners increased.  In addition, they’ve come from various countries. (T)
  • The relationships between the learners and the teachers were warm and congenial. (M)
  • Various thoughts and ideas were presented. I could see that they’d worked very hard for this day. (K)
  • It was very interesting to get a better understanding of Japan, not only in the Japanese classroom but also by understanding the culture of other countries.(U)